ニーズに合わせない理由


ある人が悩む私にこう言いました



ニーズに合わせるな、

ニーズの先を行け

もしくはニーズを作れ



ピンとこない人もいれば

もしかしたら

胸に響く人もいるかもしれない



普通ということに馴染めない人や

異端児、アウトサイダーなどと呼ばれる人は

他の人との違いに

悩み、苦しむ


悩んで悩んで

もしかしたら、周りに合わせようと努力してみたこともあるかもしれない


私の場合は、成功してる人の真似をすることを勧められ

余計に苦しくなったことがある



「評価」が必要な社会の中で 

 ピュアさをいつか失っていくイヤな予感 




目に飛び込んできたロンドンの裏道


ニーズに合わせることが得意な人もいます。それは誰かのためになるから素晴らしいこと。

それが才能であり、役割なのだと思います。

その逆に、ニーズに合わせると苦しくなる人もいます。ただしその割合が少ないがゆえに、悩んで、もがく。


だけど自然の形成、宇宙の仕組みが、完全に調和されているのなら、きっと必要な割合で組み込まれていると思います。普通じゃない発想、そこからはじめて生まれる新しい価値観や喜び。


普通は、飛ばない

普通は、水に浮かばない


普通じゃないような発想をもし持っているなら、ためしてみる以外にないでしょう。

怖くても、普通はできないんだから仕方ない。




#ニーズに合わせない人

#ニーズに合わせる人

#アウトサイダー

#異端児

#普通じゃない

#mamiosada #ossamondo

#美を生むすべての人に敬意を



0コメント

  • 1000 / 1000