おなかから、食べて、飲んで、やせるの本のモニター経験


最近、暑すぎて、ついついアイスを買って帰ってしまいます。。

今日も銀座の北海道アンテナショップはソフトクリームを食べている人でいっぱいでした🌟

銀座はアンテナショップがたくさんあるので、いろんな種類のソフトクリームが食べられる地域みたいですよ



ソフトクリームはひんやり美味しいし

お腹たぷたぷになりやすい季節&年齢、、、


「食べて、飲んで、やせる」


というタイトルの本が7月に発売されました。


著者である柏原ゆきよさんは、日本健康食育協会代表理事の管理栄養士さんで、全国を飛び回ってご活躍されているキュートで素敵な女性です。


その本の中の、「食べて飲んでやせた!人たちの声」として、私のお腹の写真が載っております。

(〃ω〃)お腹のとこだけ


ちなみに、2013年に発売された「お腹からやせる食べかた」にも体験者の声として掲載いただいていたのです。匿名で。



4年ほど前に「食べる断食 若玄米リセットプログラム」のモニターをした際の写真なのですが、まず言っておきたいことは、この写真、合成なしです!!


内容は、10日間、お米とお味噌汁をたくさん食べるというシンプルな内容で、お米は若玄米という栄養満点のお米です。


URLありました。ご興味ある方はこちら


運動は全くしないで普通に過ごしていたのに

10日後にお腹に縦筋ができていたのです!


P.15 _ ビフォーは、ぽてっとした感じ。。

縦筋とおへその形も違います。ちなみに、当時より足も細くなったのはなぜだろう。。


若玄米は今でも主食として食べており、4年ほどたった今でもお腹の縦筋は死守しています。(今のところは)



友人の榎本かなさんからモニターのお話をいただき

そこから私の食生活は全く変わってしまいました。


説明がしっくりきたのです。


中でも「食事で内臓のエクササイズをする」

という話。 


お米と、具がしっかり入ったお味噌汁をたっぷり取ることで、内臓が筋トレするらしいです。


だからダイエットドリンク?、スムージとか

そういうのばかり飲むことで内臓の筋トレにはならず、冷えやすくもなるというお話でした。(よね?)



海外に長期滞在するときは、釜とお米と味噌を持参して、外食とのバランスを保つようにもしています。


お米が好きだからでもありますし、あまりたくさんの種類の外食を食べ過ぎると

クリエイティブな仕事がはかどらない

という実感があるからです。


外食はたまのお楽しみ❤️



まとめると


・玄米、雑穀米をモリモリ食べる

・具が多く入ったお味噌汁を食べる。朝パンのときにもお味噌汁付き。

・一汁三菜 以前よりたくさんおかずを作らなくなりました。



たったこれだけなのですが、日々保つのが難しい原因はストレスなのじゃないかと思います👿イライラ


スイーツやこってりしたもの、ジャンクフード、たまに食べるのは良しとしています。でも先日のブログにも書いたように、体の中のことや、老化、糖化、などを考えると、めっきり食べる機会は減りました。


だってだって

できるだけ若くいたいもの。

見た目と腸相は、リンクするらしいです。


まさに、外面は内面の表れ。ですね。


Instagram🐱nekosyatchou


#ダイエット

#食べて飲んでやせる

#柏原ゆきよ #くびれ

#MsMAMI #モニター

#おなかからやせる

#mamiosada 




0コメント

  • 1000 / 1000