上質な暮らしのためのブランド_ロゴデザイン編


三越伊勢丹が提案する

上質な暮らしのためのブランド

PRODUCT PROJECTにて


【カルメンタオル0.005 】

ついに販売がスタートしました。




これまで、多くのクライアント様に携わらせていただきましたが、動員550名〜という規模であり、歴史ある会社のロゴを一新するという大きな試みでした。



会社ロゴは、会社の顔でもあり、

エネルギーだと思っています。


だからそれを一新するということは

新しいエネルギーを注ぎ込むということ。



「美は、余分なものの浄化である」


ミケランジェロの言葉にもあるように、

余分なものを丹念に削ぎ落としていく創造の現場を長年に渡って見てきた私が感じるのも


美は、余分なものが何1つない状態


何かを足しすぎるわけでもなく

何かを引きすぎるわけでもない

美は調和の形


ミケランジェロはそう捉えていたのかもしれません。



会社ロゴのリニューアルに関しては、最初に立ち上げた一代目の想いを継承しつつ、さらなる未来の可能性を感じさせるものでなければいけない慎重な作業となります。



例えば、PRADA


アウトレットなどで購入すると

昔の古いままのロゴの紙袋だったりするのですが、なんとなく、古臭い感じ。。


同じPRADAでも、新しい方のロゴは、

"今っぽい"のです。


あきらかに違いますね。


それって何が古臭いのか?

なぜ今っぽいのか?


言葉では正解の回答がなくとも、無意識的にそれを感じさせます。


それがロゴが放つエネルギーなのです。

 

だからとっても重要


以前にblogでも紹介したのですが、ロゴデザインを生み出すのには、とてもエネルギーが必要で、部屋がエネルギー空間みたいな感じになり、どこかと繋がってるような感じというか。


夫が何度も何度もドローイングし、クライアント様の脳内に入りこむ感じで、相手が何を想い、継承してきて、これからの未来に見出したいこと、社員様への想いなどを感じ取り、それをビジュアルとして映し出していきます。


いつもそのような作業をしているのですが、

相手への愛がなければできない。

そう思います。

 

私は何をするかといえば

時代、集合無意識、色、それを見たときの印象などを、生み出されたものに言葉を当て込んでいき、2人で整えて作品を仕上げていきます。きっと1人では難しい。


なんだかお産みたいですね。?違うかな



美の概念って敷居が高くて、

なんというか、見た目だけ美しいように着飾っても、バレますよね。


花々や鳥といった、愛と調和のデザインが存在しているこの星で、人は、形、色、音などから、「美」を感じるという根源的な資質を持って存在しています。


だから美意識、感受性を養うほどに、精神的にも調和に近づく。


感受性が高い光のかたまりがわたしたち人間です。


カルメンタオルの話は次に続きますーー。

販売開始から絶好調らしいです✨感謝✨


MAMI🌠




#カルメンタオル

#デザイン #ロゴ

#コーポレーションロゴ

#三越伊勢丹

#上質な暮らしのためのブランド

#PRODUCT PROJECT

#OSSAMONDO 

#MsMAMI




0コメント

  • 1000 / 1000