ファッションとかオシャレとかいう言葉の軽さ


ここ最近は

誰が何を着ようがどうでもいいことだし、

何を着たっていいじゃないという考えがほとんどでした。

ファッションとかオシャレとかいう言葉がいつもよりも軽く思えて興味を持てなかったのが正直なところ。


そして数日前、唐突に自分に自信が持てなくなる夜があったりして、過食ってこうやって起こるのね、なんてつい何かを食べようかと考えていた矢先


今年、スタイリングさせていただいた方から美しすぎる写真が、ポンっとFBのメッセージに届きました。


その写真は

セリーヌのスカートを身に纏っての歌のステージ



「あなたは私に自信を与えてくれたよ」って



天使か妖精からのメッセージか?

みたいなタイミングで


私は、なんてことだ。と呆然となり、


自分が唐突に自信をなくした夜に、
わたしが与えたものが戻ってくる瞬間



スタイリングすることは、相手のことを、よおく知るための準備をしたり、

何度も何度も東京中、足を使って探し、

世界中ネットを駆使して探し続けるスタンスなのですが、なにせ大変な労力。


セレクトショップのオリジナルとか勧めたって、いくら予算が限られていても心から喜ばれる笑顔なんて見れないし、私がやる意味はないと思っています。


そうやって何年か続けてきたのですが、最近はときめく服が極端に減ってきたので、お休みしていました。今度はまた作る側にまわらないとって思考が徐々にその準備を占めてきたりもしてて。



服はただ人に自信を与える1つの手段にすぎなくて

私もそうやって服の力に助けられてきました。


FBで届いた彼女がステージで歌う写真は

あきらかに誰よりも素敵に見えて、

何より、見る側にも喜びを与えていました。


だから着る人も、見る人も、喜ぶんですよね。

で、私が根本的にこのことをやる理由は

何度もblogに書いてきましたが


創造する側、デザイナー、職人の喜びのためなんです。

これは死ぬまで変わらない私の軸



服のことを書く気分にもしばらくなれなかったですが

11月、服で人生を切り開く内容として

思いがけず講座のご依頼をいただきました。


またもう一度、服とちゃんと向き合うことが

私の自信につながるのだろうか




空港でも

レストランでも

何を着ているかで、経験することが全然変わることは知ってる


素敵な部屋着を着ると、女っぽくいられるし


靴は、全体の仕上げで、そこで抜け感を出すか、完璧にまとめるかの仕上げとなり


身に纏うと心が震えて涙があふれるような服も存在していて

それはとても高価ではあるけれど、

細胞で感じる服があると何度も体感を繰り返してきたこと

そしていつかそれを着て歩きたいと願う



自分らしい服とは何なのか

オシャレになるってどういうことか

センスってどうやって磨くのか

ずっと考えてきたことを

11月の講座でまた伝えてようと思います。



自信が持てない人の気持ちは痛いほどわかるから

内面も外面も癒して輝けるための手段として

服には力があるということを伝えます。


これまで、大阪と東京で講座に来て下さった方々、本当にありがとうございました。

今回の講座は、山口佐貴子さんによる集大成といえる6ヶ月プログラム【1~ONE~】というプログラムの中で外部講師をさせていただきます。※すでに満席です


そしてこれまでスタイリングさせて頂いた方々、リピートでのご相談承ります。

新規で悩まれている方、私のキャパに限りがありますが、本気で悩んでいる方、ご相談ください。(新規の方は内容により今のところ10〜15万円で、資料やセッション込みです)年末はまたロンドンを中心に1ヶ月ほど渡英します。その際にも、海外で買い物同行なども、ありかなと思います。男女問わずOKです。


ではでは、MAMI🐱❤️ 




#ファッション #買い物

#服の力 #部屋着 #センス

#自分らしさ #自信 #セリーヌ

#MsMAMI

#mamiosada #ossamondo


0コメント

  • 1000 / 1000